トピック

今月の旬なオススメ 〜洋ナシのお酒 by シュペヒト〜
"ウィリアムス クリストビルネ" "ウォッカ ミット ウィリアムス クリストビルネ"

いずれも、オンラインショップにて
お買い求め頂けます。

↓こちら↓
ウィリアムス クリストビルネ
ウォッカ ミット ウィリアムス クリストビルネ

11月です。めっきり秋の気配が色濃くなってまいりました。山では紅葉が綺麗に映え、食べ物もおいしく、旅行にも最適な季節ですね。
この季節、旬を迎える果実に「洋ナシ」があります。

ヨーロッパでは、その形状からか「ビーナスの涙」とも云われる果実で、かのマリー・アントワネットも大好物で、宮殿の庭で栽培し、妃自ら採取していたという話が残されています。また、真珠を英語でpearl(パール)と書きますが、これは洋ナシ(pear)が語源だとする説もあります。

今月は秋の"旬"の果実「洋ナシ」を使ったお酒をシュペヒトから2つご紹介いたします。

シュペヒト "ウィリアムス クリストビルネ"
ほのかな香りのウィリアムス種の西洋梨を原料とした高級ブランデー。際立つ芳香と上品な風味はフルーツブランデーの中でもキルシュヴァッサーと並び称される逸品。

シュペヒト "ウォッカ ミット ウィリアムス クリストビルネ"
フルーツブランデーの名門シュペヒト蒸留所が誇る西洋梨のブランデー"ウィリアムス クリストビルネ"を同社のグループが有する高品質なウォッカをマリッジ。ウィリアムスの上品でほのかな香りと爽やかな甘味が美味な逸品。冷やしてストレートやロック、ソーダ割りがよく合うスピリッツのような新しいタイプのリキュール。

洋梨パワー

西洋梨(洋梨とも云う)は、ヨーロッパ原産のバラ科ナシ属の植物およびその果実で、その成分には色々な健康パワーが含まれています。和梨と同様に水分と食物繊維が多いので便秘改善や、カリウムも同様に含まれているので高血圧予防に効果があります。また、西洋梨にはフラボノールやアントシアニンなどのポリフェノールも含まれ、がん予防などにも効果が期待されています。

洋梨の歴史

ナシは「中国梨」、「西洋梨」、「日本(和)梨」の3つに大別されます。
洋梨は、和梨と同じくもともと中国が起源で、西に伝わり分化したものです。古代ギリシアでは既に栽培されておりましたが、ヨーロッパ各国で栽培が行われるようになったのは16世紀頃になってからと云われています。日本へは明治時代になって伝わりましたが、日本の気候にあまり適せず、また見た目(形)がよくないとなかなか定着せず、ようやく広まり食されるようになったのは最近のことです。現在では山形など東北地方や信越地方の一部の寒冷地で栽培されています。
ちなみに、(日本において)日本(和)梨は弥生時代には食されていたとされ、遺跡からも梨の種が発見されています。江戸時代には栽培も活発に行われており、品種も約100種類にも及んだそうです。